コーヒー 豆 種類 おすすめ 人気

コーヒー 豆 品種

コーヒー豆は品種によって、風味や酸味、香りなど大きな違いがあるのはご存知でしょうか?

コーヒー豆の品種によるコーヒーの風味や苦みや酸味を理解することで、ご自身の好みのコーヒーを見つける手助けになります。

また、友達にプレゼントを考えていたりと言った場合にもそのようなコーヒー豆に知識があることで、プレゼント選びにも役立ちます。

コーヒー豆の種類による違いを知って、コーヒー豆を選ぶ際の参考にして頂ければ幸いです。

コーヒー 豆 品種/品種と銘柄

 

 コーヒー 豆 品種/品種

コーヒーは約60ケ国で栽培されており、それぞれに特徴があるため全ての種類を分類するととてもたくさんの種類があります。

しかし、大きく分けるとコーヒー豆は3種類と言われています。

・アラビカ種・・・酸味が強く花のような甘い香り

・ロブスタ種・・・苦み・渋み・香ばしい香り

・リベリカ種・・・アラビカ種やロブスタ種と比べ生産量が少なく、味も劣る

大きく分けるとコーヒーの品種は3つに分類され、コーヒーの三大品種と呼ばれています。

コーヒー 豆 品種/アラビカ種の特徴

アラビカ種の原産地はアフリカのエチオピア!

アラビカ種は他の品種と比べて風味豊かで酸味が強いといった特徴があります。

また、アラビカ種のコーヒーは豆を焙煎することで、花のような香り・苦み・甘みがさらに引き立ちとても美味しいコーヒーに!

そんなアラビカ種は、栽培が難しいという難点があります。

と言うのも、標高1000~2000mの熱帯高地で栽培されるためとてもコストがかかります。

また、病気に弱く収穫量が少ないといった特徴も!

このような大変な思いで育ったコーヒーを栽培してくれている現地の方やコーヒーに感謝しながら飲みたいですね?

コーヒー 豆 品種/カネフォラ(ロブスタ)種の特徴

カネフォラ種の原産地は、アフリカのコンゴ!

カネフォラ種はロブスタ種と違い、風味は単調で苦みと香ばしいといった特徴があります。

深煎りすることで、苦みが非常に強くなり「焼けたゴムのような」香りと表現されることも。

このような特徴があるため、ロブスタ種と比べるとあまり評価が良くありません。

よって、インスタントコーヒーや缶コーヒーなどの大量生産に使用されたり、アイスコーヒーやカフェオレなどの苦みを必要とするものに使用されています。

また、深煎りしなければ苦さが抑えられるので、香りや甘みなどは物足りなさを感じますが、ストレートで飲むことも可能です。

コーヒー 豆 品種/リベリカ種の特徴

アフリカのリベリアが原産国で、現在の生産量はごく少量です。

また、現在ではフィリピンやマレーシアで栽培されています。

フィリピン産のリベリカ種の有名どころとして、バラココーヒーがあります。

バラコ(Barako)とは、強いという意味をもっており、その名の通り強いコクと苦みが特徴です。

このバラココーヒーはフィリピンのバタンガス州で収穫されたリベリカ種が唯一バラココーヒーと名乗ることが出来ます。

 

 コーヒー豆 品種/銘柄

銘柄 生産国 特徴
エメラルドマウンテン コロンビア 柑橘系の豊かな味わい・深いコク
キリマンジャロ タンザニア 強い酸味・甘酸っぱい香り・豊かなコク
グアテマラ グアテマラ 甘い香り・やや強めの上品な酸味・程よいコク・芳醇な味わい
コナ ハワイ島 花のような甘い香り・柔らかな酸味・程よい苦み・コク
ブルーマウンテン ジャマイカ 苦み・酸味・甘み・コク全てが均等「黄金のバランス」
ブラジル ブラジル 程よいシャープな苦み・爽やかな酸味・柔らかく存在感のあるコク・後味スッキリ
マンデリン インドネシア 酸味少ない・強い苦み・コク
モカ イエメン 爽やかでフルーティーな酸味・甘み・コク

コーヒー 豆 品種/ブレンド

コーヒー豆は単一の品種で飲んでも美味しいのですが、ブレンドすることによって奥深い味わいに変化します。

コーヒーのブレンドには2つの方法がある!

①コーヒーを生豆の状態で数種類の豆をミックスする「プレミックス」

②コーヒー豆を焙煎後に数種類の豆をミックスする「アフターミックス」

どちらも結局同じじゃないの?

なんて感じると思いますが、それぞれ大きなちがいがあるんです。

コーヒー 豆 品種/プレミックス

コーヒーの豆を焙煎前の生豆の状態でミックスします。

工程がシンプルなので、簡単なのが魅力でそれぞれの豆の焙煎度が均一になるため味わいに奥深さが出ません。

コーヒー 豆 品種/アフターミックス

アフターミックスはそれぞれの豆を焙煎後にミックスすること!

焙煎後にミックスすることによって、それぞれの豆の焙煎度合が異なるので、味わい深いコーヒーを楽しむことが出来ます。

また、組み合わせによって数多くのバリエーションが楽しめるためその種類は無限大に!

奥深いコーヒーの世界に浸りたいときは、アフターミックスがオススメ!

コーヒー 豆 品種/オリジナルブレンドを楽しもう

コーヒーショップで売られているコーヒー豆はすでにブレンドされているものもありますが、自分でブレンドすることもできます。

最初は少しハードルが高いかもしれませんが、少しずつご自分の好みのコーヒーがわかってきたら、自分のオリジナルコーヒーをブレンドするのもコーヒーの楽しみの一つ!

まずは基本を知るところから。

コーヒー 豆 品種/オリジナルブレンドを楽しむための基本原則

①相対的性質の豆を合わせる

例えば、酸味の強いコーヒーが好きだからと言って、酸味の強いコーヒー豆どうしをブレンドしてしまうと、酸味が相殺されてしまい個性が出づらくなってしまいます。

なので、酸味が好きな方は酸味の強いコーヒーをベースにしつつ苦みの強い豆とブレンドすることで奥深い味わいを楽しめるようになります。

②基本となる豆を決める

ご自身の好みの味のコーヒーが分かったらその豆を約半分以上使用し、好みの香りのあるコーヒー豆を足していきます。必ず全部たして10割にする必要はありません。5:2:3などの比率でも大丈夫です。

③配合比率に変化を付ける

香りに奥行きを持たせたい場合、アフリカ、中南米、アジアなど地域の異なる豆をブレンドすることがポイント!

バランス良く配合することによって、お互いがうまく協調し合って個性を引き立たせます。

④豆の種類を多くし過ぎない

豆の種類が多ければ多いほど難易度がグッと上がります。基本の豆に1~2種類ほどを基本として、物足りなさがある場合は焙煎度の違いでブレンドすることをお勧めします。

コーヒー 豆 品種/まとめ

コーヒー豆は世界60か国で栽培されとても種類が多いと感じられますが、大きく分けると3種類とてもシンプルです。

しかし、コーヒー豆の種類自体は少ないですが、コーヒーの産地による違いや、焙煎度によってもコーヒーの味や風味に違いが出ますので、細かく分類するととても多くの種類になります。

最初は種類の多さに面食らってしまいますが、少しずつ覚えることで逆に奥深さに未了されていきます。

まず最初はご自分のお気に入りのコーヒーを見つけて、好みの味が分かってきたらさらに突き詰めるといった奥深さを持っているのもコーヒーの魅力の一つであると言えます。

タイトルとURLをコピーしました