コーヒー 胃もたれ の対策 解消の方法や原因を教えます。

コーヒー豆 胃もたれ 対策 豆知識

コーヒー 胃もたれ

気が付いたら胃もたれを起こして、よくよく考えてみるとコーヒーを飲んだ後だな?

コーヒーを飲んだらほぼほぼ胃もたれするな?

なんて症状をお持ちで悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

コーヒーは好きだけど胃もたれするから控えている方は、正しい対処方を知ることで、美味しいコーヒーを思う存分楽しめるかもしれません。

こちらの記事では、「コーヒーで胃もたれ」する方が、美味しいコーヒーを飲んでも胃もたれを起こしにくい方法について解説しています。

あなたのコーヒーライフの一助になれば幸いです。是非こちらの記事をご参照下さい。

コーヒー 胃もたれ/コーヒーで胃がもたれる時の対策・解消

コーヒーを飲んだら胃もたれでつらい・・・

そんな時は以下の方法を是非試してください。辛い胸焼けや胃もたれを早くなんとかしたいですよね?

コーヒー 胃もたれ/大根すり・大根おろし

コーヒー 胃もたれ

一番おすすめが大根すりです。大根すりが苦手な方はこの方法で対処できませんが、胃薬を飲むよりも即効性があってとてもおすすめの方法です。

コーヒーで胃もたれをした時以外でも、胃もたれを起こしたときは「大根すり」を是非試してください。

ポイントは、大根の根っこに近い部分よりも葉に近くて大根の表面をあまり使用しないということです。

なぜかと言いますと、辛いから!

大根の辛味成分は根っこに近く方でかつ大根の表面に集中している為、そこを避けることで辛味を抑えることが出来ます。

直ぐに胃もたれを何とかしたい方はこちらの方法が一番オススメです。

ただし、デメリットもあります。

それは・・・

大根をするのが面倒!

それぐらいなので、コーヒーで胃もたれしてすぐに何とかしたい方は、まずはこちらの方法をお試し下さい。

胃もたれの少ない新鮮なコーヒーはこちら♪

 コーヒー 胃もたれ/白湯(さゆ)をのむ

コーヒー 胃もたれ 白湯

白湯(さゆ)はただの温めた水なのですが、凄いんです。

白湯を飲むことで得られるメリットは以下

①暖かい湯が胃腸を温めることで、血行を促進することで消化力が高まる

②体に蓄積された毒素が洗い流され、内臓をキレイな状態へと

③消化する力が高まるので、毒素が蓄積されにくくなる

④新陳代謝が促進され、体が温めり健康的に

このように、白湯(さゆ)を飲むことで体が健康的になり、冷え性の改善効果も期待出来ちゃいます。

コーヒーは体を冷やす作用があるので、冷え性の方は胃もたれの解消とともに冷え性改善効果も同時に期待出来ちゃいます。

一石二鳥!

 コーヒー 胃もたれ/牛乳を飲む

コーヒー 胃もたれ/牛乳を飲む

胃もたれを起こしている胃の中は粘膜があれている状態!

牛乳には、胃の内壁をほぞする成分が含まれている為、胃を健康的な状態にする効果が期待できます。

また、牛乳を飲むことで胃の中でヨーグルト状になり分解しやすくなるので、消化・吸収がとても良い食品と言われています。

ただし、冷たい状態で飲むよりも少しぬるい50~60℃が胃に負担が少ないので、レンジなどで温めてから飲むことをお勧めいたします。

 コーヒー 胃もたれ/水を飲む

さゆと同様に水を飲むことで、症状が緩和されます。水を飲むことで、胃の中でのコーヒーに含まれる成分濃度が下がります。また、水を飲むことで、胃にとどまっているものの排出が促進されますので、いの不快感緩和に効果が期待できます。

ただし、冷たい水は胃に負担を掛けますので、冷たい水はさけましょう。

 コーヒー 胃もたれ/ストレッチをする

胃がもたれている時は、胃の働きが低下している状態ですので、ストレッチをして胃に刺激を与えてあげることで、胃の働きが活性化します。

いのストレッチは、状態をのけぞらすことで胃がのみでストレッチになるので、気持ちいいぐらいを目安に伸ばしてあげて下さい。

無理をすると辛いがかりか、どこかの筋を傷める場合もありますので、やりすぎは禁物です。

また、足のツボを押すのも効果が期待できます。

ただし、あまり効果が実感出来ない場合がありますので、他のケアと合わせて行うことをお勧めいたします。

コーヒー 胃もたれ/予防するには!

胃もたれが起こってしまった場合の対処方は解説しましたが、そもそも予防することでコーヒーを美味しく飲めるようになります。

やはり事前の準備はとても大事です。

 コーヒー 胃もたれ/空腹時はさける

胃に何も入っていない状態でコーヒーを飲んでしまいますと、いの内壁に直接コーヒーの胃もたれ成分が影響を及ぼしますので、何か胃に食べ物などを入れた状態で飲むことをお勧めします。

例えば、牛乳などは胃の内壁を健康的な状態にする成分が含まれているので、コーヒーを飲む前に牛乳がオススメです。

 

 コーヒー 胃もたれ/牛乳やヨーグルトを食べる

牛乳ど同様、胃を守る成分が配合されているので、コーヒーを飲む前にヨーグルトもおすすめです。

 

 コーヒー 胃もたれ/何か胃に入れる

胃に食べ物がある状態であれば、胃に直接コーヒーの成分が触れる面積が少なくなりますんので、食後にコーヒーを飲むことをお勧めします。

朝起きて、目を覚ます目的でコーヒーを飲む方もいますが、胃に何も入っていない時は出来るだけ避けましょう。

せめてぬるま湯の水を飲んだり、牛乳などを飲んだ後にしましょう。

 コーヒー 胃もたれ/酸化したコーヒーを避ける

コーヒーが酸化していると、胃もたれをしやすくなります。

インスタントコーヒーや粉のコーヒーは酸化度が高い傾向にありますので、豆の状態で購入すると酸化している割合が少ないコーヒーを飲むことが出来ます。

粉なの状態やインスタントコーヒーは長いこと酸素に触れているので、どうしても酸化してしまいます。

一方で豆で購入すると、酸素に触れている面積が少ない分酸化度の少ないコーヒーを飲むことが出来ます。

焙煎仕立ての酸化していないコーヒーが購入できる通販サイトはこちら♪

コーヒー 胃もたれ/原因は?クロロゲン酸?

 

 コーヒー 胃もたれ/クロロゲン酸

コーヒーには、クロロゲン酸という成分が含まれています。

このクロロゲン酸は、胃液の分泌を促進し胃液が胃の粘膜を刺激するといった現象が起こります。

胃の中が空っぽの状態でコーヒーを飲んでしまうと、空っぽの胃の中で胃液が胃の粘膜を刺激しやすくなってしまい、胃痛の原因となります。

 コーヒー 胃もたれ/カフェイン

クロロゲン酸とともにカフェインには、胃酸を分泌させる作用があるため、胃の粘膜にダメージを与えてしまいます。

空腹時にコーヒーをなんだか胃もたれを起こす方は、カフェインレスのコーヒーを飲んだり、空腹時にはコーヒーを飲まないように注意しましょう。

 コーヒー 胃もたれ/酸化したコーヒー

コーヒーの粉やインスタントコーヒーの場合、酸素に触れる時間が長いので、コーヒーオイルなどが参加している割合が高いです。

コーヒーに含まれるオイルが酸化することで、胃の調子を悪くする場合があります。

酸化したオイルが体に良くないのはご存知の方も多いのではないでしょうか?

コーヒーを飲んで胃もたれを起こしてしまう方は、出来るだけ鮮度の高いコーヒー豆で購入して、ミルで挽いたコーヒーがオススメです。

ミルで挽くのは少しめんどうですが、その分美味しいコーヒーを飲むことが出来ます。

コーヒー 胃もたれ/まとめ

コーヒーの胃もたれの対策や原因についてご紹介させていただきました。

ポイントはこちら

・大根おろしで、胃もたれ解消

・白湯や常温の水

・牛乳やヨーグルトを摂取

・胃が空っぽの状態でコーヒーを飲まない

・カフェインレスコーヒーを飲む

・ミル挽きコーヒーを飲む

タイトルとURLをコピーしました