コーヒー豆 カビ 毒 安全性 紹介

コーヒー豆 カビ 豆知識

コーヒー豆 カビ

コーヒー豆ってカビが生えている場合があるの?

コーヒー豆 カビ/コーヒー豆はカビがはえる

コーヒー豆はコーヒーチェリーと呼ばれるコーヒーの実の種です。

自然の恵みである種子ですが、栄養価も高いと同時にカビも生えやすくなります。

コーヒー豆も例外ではなく、カビが生えている可能性は高くなります。

また、一度カビが生えると、焙煎したりして熱を通したとしても100%カビ毒が豆から消滅するわけではありません。

つまり、見た目でカビが生えていなくてもカビ毒という毒が含まれた豆である可能性があります。

では、国内に出回っているコーヒー豆はどのくらいこのカビ毒を含んでいるんでしょうか?

また、カビ毒の含まれたコーヒーを飲まないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか?

コーヒー豆 カビ/カビの生えたコーヒー豆の影響とは

カビの生えたコーヒー豆を飲み続けると、その効能どころではなく、最悪は体への悪影響も考えられます。

カビから産出される毒の総称として、マイコトキシンと呼ばれるものがあります。

そのマイコトキシンの一種に、アフラトキシンやオクラトキシンといったカビ毒があります。

これらのカビ毒がコーヒーに潜んでいる可能性があることがわかっています。

アフラトキシンは熱にとても強く、焙煎する過程ではまず壊れることはないといいます。

オクラトキシンは人間の肝臓や腎臓への毒性がわかっています。

また、アフラトキシンにおいては発がん性が高く、その影響が懸念されています。

コーヒー豆 カビ/コーヒー豆のカビの見分け方

では、実際にカビに侵されている豆を見つけることはできるのでしょうか?

日本で輸入している豆は、原産国を輸出する段階、日本へ輸入される際の検疫、そして輸入元での最終検査を通して小売店へと運ばれています。

それでも、完全に不良豆を0にすることはなかなか難しく、稀に不良豆が入っていることもあるようです。

プロの焙煎士などに渡っている豆については、私たちが購入する前にさらに厳密なチェックを行い、ほとんどの場合は取り除かれているでしょう。

実際にカビ豆というのは、色が変色し灰色やみどりがかったカビ(青カビ・白カビ)色をしており、生豆の段階であれば違和感を感じることもあるかもしれません。

しかし、カビの度合いであったり焙煎後の豆からカビ豆を探すのは、素人ではとても難しいのも現状です。

プロの焙煎士が丁寧に焙煎したコーヒー豆はこちら♪

コーヒー豆 カビ/カビのないコーヒー豆を購入するには

では、カビ豆の含まれていないコーヒー豆を購入するにはどうしたらいいのでしょうか?

結論から言うと、焙煎士の方と相談して購入できるようなお店に行くと、カビ豆だけでなくその他不良豆などものぞいた良質な豆を購入することができます。

しかし、一般的にそういったお店は豆自体の価格もあがりますので、ご自身の予算と相談して、無理のない範囲内で質の高い豆を購入することが理想的です。

コーヒー豆 カビ/まとめ

いかがでしたか?

美味しく飲めて体にも良いとされるコーヒーですが、やはり自然の産物であるのも事実。

ときによりカビや虫食いなど、自然の被害にあうこともあります。

かといって、それらを防ぐために事前に農薬をたくさん含ませる・・・ということもしたくないですよね。

自然の恵みを享受するなかで、私たちも気をつけながらおいしいコーヒーライフを送りましょう。

タイトルとURLをコピーしました