コーヒー豆 そのまま食べる 美味しい 味 効果

コーヒー豆 豆知識

コーヒー豆 そのまま食べる

この記事を読んでいるあなたはきっと、こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

・コーヒー豆ってそのまま食べられるの?

・1日何グラム食べても大丈夫?

・コーヒー豆をそのまま食べるメリット・デメリットは?

・そもそもコーヒー豆って美味しいの?

コーヒー豆 そのまま食べる/そのまま食べることに問題はない?

コーヒー豆 そのまま食べる

コーヒー豆はそのまま食べても問題はありません。

コーヒー豆をそのまま食べるといった発想がない方には驚きかもしれませんが、コーヒー豆をお菓子にしたものも販売されています。

チョコやクッキーに入っているのは、コーヒー豆そのままとはいいがたいですが、コーヒー豆を粉にするなどの加工を加えていないので、そのままの形と言う意味で言えばそのままではあります。

コーヒー豆をそのまま食べたことが無かった方が、コーヒービーンズチョコを食べてみるとあまりの美味しさにくせになってしまう方もいるようです。

といっても、1日に食べすぎたりするとあまり体に良くないので、食べすぎには注意しましょう。

コーヒービーンズチョコなどはとても美味しいので、つい食べすぎてしまうといった中毒性がありますので、美味しいコーヒービーンズチョコには注意が必要です。

食べる前に今日は5粒までとか、自分で上限を決めて食べると良いかもしれません。

といいつつも、ついつい食べすぎてしまうことってありますよね(´・_・`)

何事も適量があるように、コーヒー豆をそのまま食べることにも1日の上限があります。

1日の上限やメリット・デメリットについてはのちほどご説明させていただきます。

コーヒー豆 そのまま食べる/美味しいの?

コーヒー豆 そのまま食べる/美味しいの?

そもそもコーヒー豆をそのまま食べて美味しいのでしょうか?

実際コーヒー好きの方は口に入れた瞬間、コーヒー豆の香りや味が口いっぱいに広がるので、たまらない味です。ただし、やはり豆なので、かみ砕いた後口の中に残って不快な思いをするので、何か飲みものを用意すると良いでしょう。

また、珈琲ビーンズチョコは甘いチョコと苦みの効いたコーヒー豆が絶妙のブレンドで、とっても美味しいです。

 

コーヒー豆 そのまま食べる/効果・効能やメリット

コーヒー豆 そのまま食べる/効果・効能やメリット

焙煎したコーヒー豆に含まれる成分がそのまま体内に摂取できるので、その成分の効能を得られるというメリットがあります。

焙煎したコーヒー豆に含まれる成分は以下になります。

・クロロゲン酸(ポリフェノール)・・・抗酸化作用による老化の防止や脂肪の蓄積を抑える働きが

・カフェイン・・・眠気防止・利尿作用・胃酸の分泌促進

コーヒー豆 そのまま食べる/デメリット

コーヒー豆をそのまま食べたり、チョコやクッキーに入っているコーヒー豆を食べることで、コーヒー豆に含まれている健康に良い成分を摂取することが出来ます。

しかし、コーヒー豆を摂取することによるデメリットが存在しているのも事実です。

以下のポイントに注意してコーヒー豆やコーヒー豆のお菓子を楽しんでください。

・コーヒー豆に含まれる残留農薬

・カフェインの過剰摂取

コーヒー豆をそのまま食べる場合、残留農薬が含まれている可能性があります。

といっても、焙煎の過程でほとんどの農薬は無くなりますが、完全になくなるとは言い切れないので、心配な方は無農薬のコーヒー豆を食べると良いでしょう。

また、カフェインの過剰摂取になる恐れがありますので、食べすぎには注意が必要です。

1日に摂取可能なカフェインの量は、成人の場合400㎎です。コーヒー豆に含まれるカフェインの濃度は1~2%ですので、2%で計算すると20gまでは食べても大丈夫です。

また、これは成人の場合の摂取りょうなので、妊婦や子供の場合もっと少なくなるので、注意してください。

コーヒー豆 そのまま食べる/注意ポイント

コーヒー豆のデメリットでも記載しましたが、コーヒー豆を食べる際には注意しておきたいポイントがあります。

それは、カフェインの過剰摂取です。

コーヒー豆 そのまま食べる/まとめ

コーヒー豆をそのまま食べる場合のメリット・デメリットについてご紹介させていただきました。

ポイントをまとめると

・カフェインの取り過ぎに注意

・1日の摂取目安は20gまで

・そのまま食べると、ポリフェノールやカフェインを摂取できる。

・コーヒービーンズチョコが美味しい

・満腹中枢を刺激して満腹感を感じるので、ダイエット効果も期待

タイトルとURLをコピーしました