コーヒー豆 酸味少ない 味わえる 選び方 種類

コーヒー 酸味少ない 豆知識

コーヒー豆 酸味少ない

コーヒーの酸味ってちょっと苦手

酸味の少ないコーヒーってどうやって選ぶの?

コーヒーの酸味が苦手な方は結構多いのではないでしょうか?

コーヒーの酸味って、産地・焙煎度合・鮮度・淹れ方によっても変わってくるので、これから解説していきますね。

この記事で分かること

・コーヒーの酸味を抑える方法

・産地による酸味の違い

・焙煎度合による酸味の違い

・保存方法による酸味の違い

・淹れ方による酸味の違い

コーヒー豆 酸味少ない/コーヒーの酸味って?

コーヒーの酸味が苦手な方は結構多いのではないでしょうか?

実は、コーヒーの酸味といっても大きく分けると2つの酸味があります。

①コーヒー豆や粉が劣化して酸化が起きることによる酸味

②コーヒー豆の産地や淹れ方・焙煎度合による酸味

上記の2種類の酸味があります。

①の酸味の場合、そもそも豆の鮮度や質が悪いことから起こる酸味なので、鮮度が良い豆や適切な保存方法で保存したコーヒー豆を選ぶことで酸味の少ないコーヒーを飲むことが出来ます。

コーヒー豆が酸化した状態の酸味の場合、後に残る酸味や苦みやえぐみなどが下に残ります。飲んだ時に「美味しくない」状態の物は酸化しれいると言えるので、すぐにわかると思います。

本来のコーヒーの酸味の場合、後味がすっきりとしていて雑味やえぐみの無い爽やかな飲みごたえです。

ひょっとすると、コーヒーの酸味が苦手な方は、酸化しているコーヒーを飲んでしまったがゆえに苦手意識が芽生えてしまったかもしれません。

②のコーヒー豆の産地や淹れ方・焙煎度合による酸味は、豆の性質を理解してコーヒー豆を選べば酸味の少ないコーヒーを飲むことが出来ます。

コーヒー豆 酸味少ない/焙煎度による酸味の違い

結論を先に申し上げますと、酸味の少ないコーヒーを飲みたい方は、シティロースト~イタリアンローストまでの焙煎度合のコーヒーを選びましょう。

コーヒー豆には、焙煎度によって味に大きな差が無まれます。

焙煎時間を多くとり、深煎りとよばれるコーヒー豆は苦みが強くなります。

その反面、浅煎りにするとコーヒーの酸味が強く聞いた状態になります。

コーヒーの酸味を感じられる焙煎度合は、ライトロースト~ハイローストまでです。

一方で、コーヒーの酸味が抑えられるのは、シティロースト~イタリアンローストまでが、苦みが強く酸味が少ない焙煎度と言えます。

コーヒー豆 酸味少ない/酸味は苦みを和らげる

酸味と苦みは相反する特徴です。酸味が少ないと苦みを強く感じ、苦みを強いと酸味が少なく感じます。ただし、この中間的な酸味と苦みが程よいバランスの物もありますので、覚えておきましょう!

コーヒー豆 酸味少ない/産地によって酸味が違う

コーヒー豆の取れる産地によっても、酸味の少ないコーヒーと酸味の強いコーヒーに分かれます。

酸味の少ないコーヒー豆を選べば、酸味の少ないコーヒーを飲むことが出来ます。

酸味の少ないコーヒー豆の産地は以下

・マンデリン(インドネシア)

・コロンビア

・ブラジル

上記3つの産地のコーヒー豆は酸味が弱く、酸味の苦手な方にお勧めのコーヒー豆の産地です。

コーヒー豆 酸味少ない/コーヒーの淹れ方による酸味

コーヒーには淹れ方によっても酸味を抑えることが出来ます。

先に結論を申しますと、集めのお湯を使用してコーヒーを炒れると酸味の少ないコーヒーを飲むことが出来ます。

ポイントは、2つ

①熱目のお湯で淹れる

②抽出時間を長くする

上記の2つのポイントを守ることで、酸味の少ないコーヒーを飲むことが出来ます。

では、なぜ上記のような結果になるのでしょうか?

それは、コーヒー豆の持つ特徴にあります。

コーヒー豆の性質として、低い温度で淹れると酸味が強く感じられ、高い温度で淹れると苦みが強く感じられる性質を持っているからです。

コーヒーを炒れた時に豆から抽出する成分は先に酸味が出て、その後に苦み成分が抽出されます。

温度の低い湯でコーヒーを炒れてしまうと、最後まで抽出しきらずに酸味成分の多い状態になってしまう為、酸味の強いコーヒーになります。

一方で、温度の高い湯でコーヒーを炒れると、苦みの成分までしっかり出来るので、苦いコーヒーを楽しむことが出来ます。

よって、酸味の強いコーヒーが苦手な方は、油温の高い湯でコーヒーを入れましょう。

温度計を使用してコーヒーを炒れると良いでしょう。

コーヒー豆 酸味少ない/保存方法による違い

コーヒーから酸味を感じる場合、コーヒーの鮮度が落ちている場合があります。

そもそも、焙煎してから時間が経つにつれてコーヒー豆は酸化してしまい、コーヒーにした時に酸味が感じられるようになります。

しかし、適切な保存方法で保存することでコーヒー豆の酸化を遅らせることが出来ます。

また、豆の状態で購入すると酸化が遅くなりますので、コーヒーを粉やインスタントで購入するよりもコーヒー豆での購入がオススメです。

では、コーヒー豆の酸化が最も少ないのはどんな方法でしょうか?

それは、小分けにして冷凍保存する方法です。

小分けにすることによって、コーヒー豆が酸素に触れる回数が少なくなります。

また、冷凍保存することでコーヒー豆の痛を遅らせることが出来ます。

酸化現象は、気温の高さに比例して酸化度合いが変わりますので、出来るだけ低い温度で保存することによって、酸化を遅らせるということです。

また、直射日光や湿度によってもコーヒー豆が酸化しますので、冷暗所での保存が望ましいです。

コーヒー豆 酸味少ない/まとめ

酸味の少ないコーヒーを飲みたい場合のコーヒー豆の選び方や、保存方法などをご紹介させていただきました。

ポイントはこちら

・コーヒー豆の産地を選ぶ

・焙煎度合によって酸味が変わる

・コーヒーの淹れ方を工夫することで、酸味の少ないコーヒーになる。

・保存方法が悪いと、コーヒー豆が酸化し、コーヒーに酸味がでる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました