コーヒー豆 保存 100均 容器 キャニスター

コーヒー豆 保存 100均

コーヒー豆 保存 100均

コーヒー豆の保存にはどのような容器が適しているんでしょうか?

100均の容器で何とか保存できないものかな?

なんてお考えの方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

そこで、こちらの記事ではコーヒー豆の保存に100均で入手可能な保存用容器をご紹介いたします。

ご購入を検討している方は、是非こちらの記事を参考にして頂ければ幸いです。

コーヒー豆 保存 100均/保存に関してのポイント

コーヒー豆 保存 100均

コーヒー豆を良い状態で保存するには、ちょっとしたポイントがありますので、下記ポイントを意識して保存してください。せっかく良い豆を購入しても、保存状態が悪いと酸化してしまったり、味や香りが台無しになってしまう場合があります。

・紫外線・・・日光や蛍光灯・LED(一部)などは紫外線を照射しますので、コーヒー豆を劣化させます。よって、遮光性のある容器や暗い場所に保存することがポイントです。

・水分・・・コーヒー豆は水分が大敵です。水分を含んでしまうと、雑味(渋味、えぐみ、酸味、苦味等)の原因となりますので、多湿を避けて頂くことがポイントです。

・酸素(空気)・・・空気に含まれる酸素に触れることで、コーヒー豆が酸化して劣化し、味や香りが落ちます。よって、酸素に触れる量を出来るだけ少なくすることがポイントです。

・温度・・・・温度が高い場所に保存をしてしまいますと、酸化が早まります。ですので、気温が高くなる場所に保存しないようにしましょう。特に夏場などは注意が必要です。

上記のポイントを守って頂くことで、コーヒー豆を良い状態で保存することが出来ます。

ポイントをまとめると!

・紫外線

・水分

・酸素

・温度

 

コーヒー豆 保存 100均/アルミパック

コーヒー豆の保存には、アルミパックが適しています。

コーヒー豆の保存にアルミパックが適している理由は、遮光性・湿気を遮ることが出来る点にあります。また、袋を閉じる際は、出来るだけ空気を抜いて保存することで、酸素による劣化を少なく出来ます。

プラスチック容器や瓶で保管する場合は酸をを抜くことが出来ないので、酸化してしまいます。

と言ってもアルミパックも酸素を完全に抜くことはできませんので、出来るだけ早く使い切るようにしましょう。

コーヒー豆 保存 100均/プラスチック容器のキャニスター

コーヒー豆 保存 100均

プラスチック容器のキャニスターは軽量で持ち運びもしやすいのでとてもオススメです。

しかし、注意したいポイントもあります。

先ほども保存の際の注意ポイントで挙げましたが、遮光性・酸素に注意が必要です。

酸素に関してはどうしようもありませんが、光が透過しまうので、出来るだけ暗い場所に保存しましょう。

また、プラスチック容器の場合「匂い」が容器に移ってしまいやすいので、使い切った後に他のコーヒー豆を入れると匂い移りの心配があります。

コーヒー豆 保存 100均/ガラス容器のキャニスター

コーヒー豆 保存 100均

瓶で保存する方法もあります。瓶で保存するメリットとして、匂い移りが無く洗えば匂いが残らない所です。

プラスチック容器の場合には、どうしても匂いが残ってしまう場合がありますので、匂いが移ってしまった場合我慢してそのまま使用するか他の容器として使用しなければなりません。

しかし、瓶の場合は洗えば匂いが取れますので、繰り返し使用出来て経済的です。

デメリットとしては、重いのと落とした場合に割れてしまうので、その点においては注意が必要です。

コーヒー豆 保存 100均/チャック袋

コーヒー豆 保存 100均

チャック袋の利点として、かさばらないといったメリットが挙げられます。

どうしても、瓶やプラスチック容器は場所を取りますので、チャック袋に入れて保存すると場所を取らずに済みます。

少量しかないのに、大きな瓶やプラスチック容器に入れてしまいますととても場所を取ってしまい。多くの種類をストックするにはある程度のスペースが必要になってきます。

場所に関しては、それぞれのご家庭の事情もありますので粉のようにチャック袋に入れて小分けにして保存するという方法もあります。

こちらも、なるべく空気を抜いて冷暗所に保存が望ましいです。

コーヒー豆 保存 100均/まとめ

コーヒー豆を保存する場合に100均で手軽に安く入手できる保存容器をご紹介させていただきました。

100均の保存容器は安くて気軽に買えるので、容器にお金を掛けたくない人にはとてもおすすめです。

コーヒー豆を保存する場合、保存状態が悪いと美味しくコーヒーが飲めなくなってしまいますので、下記の点にご注意下さい。

・紫外線

・水分

・酸素

・温度

タイトルとURLをコピーしました